« マネジメント温故知新#3 「人生意気に感ず」 | メイン | 職場のコミュニケーション その3 オリンピックに学ぶ »

2012/08/09

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

masa

optimist楽観主義者が日本には多いような気がします。私もそうですが、なんとかなる。自分には起こらない。といった意識が強いからです。そして、直ぐに起こらないこと、例えば、「たばこを吸ってもガンには直ぐならない」といった事柄は、なかなかやめることができない典型でしょう。しかし、今回の震災からの学びは、「備えあれば、憂いなし」が、そして、備えているから楽観的になれるといった根拠についてしっかり考える機会になったのではないでしょうか?安全安心について書いている方がヘビースモーカーであったりしますので、いかに実践が難しいかを物語っているかも知れません。お身体にお気をつけ下さい。

この記事へのコメントは終了しました。





フィードを購読 ITmediaブログ