« 「安全」と「安心」を考える-2- | メイン | ストレスとのつきあい方 ~出来事と感情をわける »

2012/08/10

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

masa

確かに4つのコミュニケーションがありますね。時として、或いは、テーマによっても、あるいは、相手との力関係によってもといったように、本当に状況ですね。しかし、開放的なコミュニケーションは、多くの状況においても重要なことは感覚的に分かります。私の場合、思っていることと、言っていることが殆ど同じで、頭の中丸見えのスケルトン過ぎると言われていますが、どうなんでしょうか?大人であれば、言わないことも重要だと思いますが、また、教えて下さい。

この記事へのコメントは終了しました。





フィードを購読 ITmediaブログ