« ストレスとのつきあい方 ~出来事と感情をわける | メイン | 「千里の馬は常にあれども、伯楽は常にはあらず。」 »

2012/08/17

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

masa

一時期、私も電子書籍を考えました。カバンの中のものを見ればわかると思います。手塚さんが上げられた理由以外には、価格の面があると思います。デジタルは基本的にはコピー料金0です。つまり、紙の書籍のように、印刷代や紙代がかかるわけではないのです。にも関わらず、書店その他利害関係者との関係で、例えば私の著書は、1冊目の紙の書籍1500円ですが、電子書籍も1500円です。もし、少しでも安くできたら、もう少し普及するかも知れませんね。

この記事へのコメントは終了しました。





フィードを購読 ITmediaブログ